株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

銀行株 おすすめ銘柄ベスト2!【2019年】

 

銀行株のおすすめ「2銘柄」を厳選し、ランキング化してみました。

 

 

 

 

銀行株おすすめ銘柄

以下銘柄一覧の中から選定。

 

f:id:home1990:20190814145457p:plain

 
7182:ゆうちょ銀
7186:コンコルディ
7189:西日本FH
7321:関西みらい
7322:三十三FG
8304:あおぞら銀
8306:三菱UFJ
8308:りそなHD
8309:三井住友トラ
8316:三井住友FG
8369:京都銀
8410:セブン銀
8411:みずほFG
8524:北洋銀
8714:池田泉州HD 

 

 

1位:セブン銀行

▼10年チャート

 

銀行株の中では割と柔軟。

 

業績は2020年過去最高更新予想。

 

決算資料を見ると時代の流れに合わせて会社のスタンスを変えていこうとしているのが分かります。

 

銀行株は全体的に厳しい状況なんですが、セブン銀行はまだマシですね。

 

なぜセブン銀行を1位にしたかというと、セブンイレブンという国内最大級のコンビニを運営しているという点に強みがあるからです。

 

その武器があるからこそ「nanaco」や「セブンPay」など、独自の金融サービスを展開できます。(セブンPayはいろいろありましたが。笑)

 

コンビニとATMのシナジーはかなり高いのでメガバンクとも戦えると思います。

 

PERも銀行株の中では高めなので、人気があることが分かります。

 

海外展開に力を入れている点もGoodです。

 

 

2位:三菱UFJフィナンシャルグループ

 

国内No1銀行。

 

 

三菱UFJフィナンシャルグループを第2位に選んだ理由は、規模の大きさです。

 

超巨大企業で、時価総額も日本トップ10に入っています。

 

 

三菱UFJが持つ銀行業界No1の優位性というのはなかなか魅力的で、せっかく銀行株を買うならその銘柄になんらかしらの強みがほしいかなと考えます。 

 

売上は2019年過去最高を達成。

 

2020年は非公開。

 

 

銀行株の今後の見通し

 

銀行株は今後全体的に厳しいと思います。

 

特に、優位性をもたない「地方銀行」はかなりきついでしょうね。

 

資金力があったり飛び抜けた強みがあるところだけが生き抜く「2極化時代」がきています。

 

ITなどテクノロジーの発達、特にスマートフォンの登場で危機的状況にある銀行株です。

 

しかしながら「安定・割安・高配当」というところで、今も根強い人気があるなとも感じます。 

 

本当はおすすめベスト3にして「3銘柄」選定したかったんですが、この2銘柄ぐらいしかおすすめがなかったです。笑

 

逆に考えれば銀行株に関してはどちらかを買っておけば、配当も良く、業績も安定しているので、結構良いんじゃないかなと思います。

 

銀行株は全体的にかなり割安なので、いつでも買い時です。笑

 

 

高配当好きにおすすめの証券会社 

 

月額220円と少額から始められる証券会社が登場。

株初心者がみんな使っている「ネオモバ」が今熱い!

Twitterでもコツコツ銀行株を1株からつみたてている人が多いです。

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ) 評判とメリット・デメリット

 

 

 

 

 

以上。

 

 

 

その他の銀行株も詳細が気になる方はぜひご覧ください。