株の買い時を考えるブログ

株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察などなど

みずほ銀行(8411)の株を買ってもよいか考える

 

 

今回はみずほフィナンシャルグループ(8411)の株について分析してみました。

2万円から購入可能ということで、初心者の方には大変おすすめの株となっております。 

 

 

▼5秒で分かるみずほ株まとめ

・割安

・株価安定

・配当安定

・貯金大好き日本人向けの株 

 

 

みずほフィナンシャルグループ(8411)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

基本データ

 

株価:198.8

PER:8.8倍

PBR:0.5倍

配当利回り:3.7%

 

2018/10/4のデータ

 

 

スポンサーリンク

みずほフィナンシャルグループの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20181004213753j:plain

 

みずほ株、だいたい200円。笑

 

ほんといつみてもこの値段なんですよね。

実際チャートで見てもほぼ190円~210円です。

 

1株あたり170円になったら買いたいところですね。

 

 

みずほフィナンシャルグループの最終利益の推移

f:id:home1990:20181004215545j:plain

 

2014年に過去最高達成後、若干減少。

 

2014年:6,884 億円(過去最高)
2015年:6,119 億円
2016年:6,709 億円
2017年:6,035 億円
2018年:5,765 億円
2019年:5,700 億円(会社予想)

 

利益はじわじわ下がっていますが、株価はずっと横ばいなのでみずほ株に関してはあまり業績は関係なさそうです。

 

 

みずほフィナンシャルグループの配当金の推移

f:id:home1990:20181004220505j:plain

 

配当金は「6~8円」でほぼ横ばい。

 

さすが銀行株というだけあって株価も配当も、ひたすら安定してますね。

2019年は1株あたり「7.5円」という会社予想となっています。

 

 

みずほフィナンシャルグループの財務状況

 

自己資本比率:4.4%

有利子負債:0%

ROE:6.56%

EPS:22円

 

自己資本率が4.4%というのは普通の企業ならとんでもなく低いですが、銀行はこんなものです。

銀行株は平均で4~7%ぐらいです。

 

もちろん有利子負債も0です。

 

ROEは10%あれば合格ラインですから、6.56%はかなり低いですね。

 

 

みずほ株の将来性と今後の見通し

f:id:home1990:20181004224658j:plain

 

昔は人気だった「銀行員」という職業も、今では人気がないですね。

ITが世界にもたらす環境の変化はめまぐるしいものがあり、見通しはなんともいえないのが実際のところです。

 

しかしながら日本人は貯金と保険が大好きな国民です。

世界の先進国から見てもまだまだキャッシュレス化も進んでいません。

 

なんだかんだといってもしばらくの間は銀行も安泰でしょう。

そのしばらくの間がどれほどの間かは誰にも分かりませんが。

 

 

まとめ

高配当・安定株なので下値は固く、初心者におすすめ。

 

みずほ株、買ってもいいと思います。

 

しかも投資の金額が2万円からというのもとっつきやすいですね。

 

業績・株価・配当が安定しています。

 

もちろんいろんな銘柄に分散投資するとしても候補には確実に入る銘柄ではないでしょうか。

 

貯金大好き、安定志向の日本人にはもってこいの株です。

 

みずほ銀行にお金を預けるならみずほ株を買ったほうが良い。

と、本当にそう思います。

 

銀行に預けていても利子もないですからね。笑

 

貯金の3割でもいいので投資に回して配当をもらったほうがよっぽど賢いです。

 

 

おすすめの証券会社

株初心者にはGMOクリック証券がおすすめです。

 

・手数料が安い

・スマホアプリがダントツ使いやすい

 

GMOという会社自体がアプリ開発とかインターネットビジネスが本業というだけあってかなり操作性は良いです。

今はもうスマホで取引する時代ですからね。

 

ウォッチリストの見やすさは株価下落のチャンスに反応できるかどうかに関わってきます。

アプリと株の勝率が関係ないと思っている人は是非一度試してみてください。

 

▼公式サイト

 

 

以上。