株の買い時を考えるブログ

株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察などなど

パナソニック(6752)株価が割安である理由を考察

 

 

今回はパナソニック(6752)の株価について考察していきます。

 

パナソニックの株価が低迷しているので買い時なのかどうかいろいろ見ていきましょう。

 

 

▼10秒で分かるパナソニック株まとめ

・2018年の1年間で株価40%下落

・業績は直近5年間右肩上がり

・普通に考えれば10万円以下ならパナソニック株価は割安

・テスラのギガファクトリー計画のせいで積極的に買いにくい

 

 

 

 

パナソニック(6752)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

パナソニックの株価

株価:990.6

PER:9.2倍

PBR:1.2倍

配当利回り:3%

 

2018/12/28のデータ 

 

 

・PER10倍割れ

・2018/12/25に年初来安値の「918円」をつける

 

と、パナソニックの株価はかなり割安水準です。

 

もともとアメリカの会社「テスラ」の電気自動車に使われるバッテリーで注目を浴びてパナソニックの株価が上がっていました。

 

しかしながらテスラのCEOであるイーロン・マスクが「テスラ株を非上場にする」と言ったり、そもそもテスラが基本的に赤字だったりと、いろいろと問題があってパナソニックの株価も下落している理由になっています。

 

最大の注目ポイントであるギガファクトリー(世界最大の電池工場)も建設が遅れています。

 

というか本当に完成するのかよくわかっていません。笑

 

 

f:id:home1990:20190106225823j:plain

参照:テスラ ギガファクトリー | テスラジャパン

 

 

パナソニックの事業内容

f:id:home1990:20190103220917j:plain

参照:https://panasonic.jp/

 

言わずと知れた総合家電大手。

AV機器、白モノ家電が主力です。

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190103221406j:plain

 

パナソニックによると中国で家電が売れているようです。


 

パナソニックの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190103223428j:plain

 

 

▼1年チャート 

f:id:home1990:20190103223413j:plain

 

2018年は株価40%下落。

 

びっくりするぐらいきれいな右肩下がりのチャートです。笑

 

16万円→10万円と、かなりの下落幅。

 

パナソニックに期待して160万円分買った人は現在100万円になっているので、やってられないでしょうね。

 

 

スポンサーリンク

 

パナソニックの経常利益の推移

f:id:home1990:20190103223937j:plain

 

経常利益過去最高は1985年の6,894億円。

 

 

2015年:1,824 億円

2016年:2,170 億円

2017年:2,750 億円

2018年:3,785 億円

2019年:4,200 億円(会社予想)

 

直近3年が過去最高益という企業が多いのでもっとがんばってほしいですね。

 

 

また、パナソニックの社長が2018年度に連結売上高10兆円目標を撤回し、売上高見通しを8兆8,000億円に引き下げました。

 

目標を引き下げたにもかかわらず会社予想は「8兆3,000億円」で着地という予想です。

 

パナソニックは一度も売上10兆円を達成したことがないので、会社的にはそこをひとつの目安としているようです。

 

 

パナソニックの財務状況

自己資本比率:27%

有利子負債自己資本比率:71%

ROE:14%

EPS:101円

配当金:30円

 

 

財務状況は特に問題なし。

 

配当余力もまだまだあります。

有利子負債が2年前と比べて2倍近く増えていますが会社として成長しようとしているので気にする必要はないと思っています。

 

 

 

まとめ

f:id:home1990:20190103231219j:plain

 

テスラのギガファクトリーが今後どうなるか分からないからパナソニックの株価は割安。

 

今はパナソニック株に対して投資すべきかどうか、判断が難しい時期ですね。

 

テスラのギガファクトリーへの投資額は約5,500億円です。

 

パナソニックは約3割負担しているとみられているので1,650億円ほどの出資となります。

 

これはかなりの金額です。

 

 

そして以下、2018年10月31日に発表した第2四半期決算です。

 

・売上高が4兆82億円(前年同期比3.9%増)

・営業利益が1952億円(同0.7%減)

・純利益が1136億円(同4.5%減)

 

→減益の大きな要因はテスラ向けのリチウムイオン電池事業

 

イーロン・マスクの気分次第でどうにでもなるこのギガファクトリー計画にかなりの額を出資してしまっています。

 

これが失敗なのか成功なのかイマイチ分からない現状で投資するのは怖いですね。

 

おそらくみんな同じことを考えているのでパナソニックの株価が下落しているのでしょう。

 

過去に利益も何回か赤字に転落していることもあるので、個人的には購入はおすすめできません。

 

松下幸之助さんの本も読んだことありますし、僕はパナソニックという会社に対して良いイメージを持っているのでがんばってほしいですけどね。

 

以上。