株の買い時を考えるブログ

株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察などなど

日産自動車の株価が上がらない理由

 

 

今回は高配当にも関わらず、ずっと割安で放置されている日産自動車(7201)について分析。

 

日産の株価が上がらない理由を考察していきます。

 

 

▼10秒で分かる日産株まとめ

・日産の株価は2年間上がっていない

・日産の株価が上がらない理由は高配当だから

・業績は右肩下がり

・今後の増配はあまり期待できない

 

 

 

 

日産自動車の株価情報

株価:1,027

PER:8倍

(輸送用機器の平均PER:12倍) 

PBR:0.7倍

配当利回り:5.5%

 

2018/11/09のデータ

 

 

 

日産自動車の株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20181109153705j:plain

 

 

10年チャートを見ると、意外ときれいなチャートです。

 

日産の株価は全然上がっていないのかと思いきやじわじわ上がっています。

 

厳密に言うと、上がっているように見えます。

 

 

次に見たいのがこちら。

 

▼2年チャート

f:id:home1990:20181109153738j:plain

 

なんと2年チャートでは全く日産の株価が上がっていないことが分かります。

 

ずっと1000~1200のレンジです。

 

なんならここ1年は上値を切り下げています。

 

実際、日産の株価は2年間上がっていない

 

ということが分かりました。

 

 

日産の株価が上がらない理由

これには3つ理由があります。

 

1.高配当だから

2.自動車業界の今後に期待感が持てない

3.円安に反応しなくなってきている

 

高配当銘柄の宿命ですが、株価本体が上がりにくいという特性があります。

 

▼いちよし証券(8624)の5年チャート

f:id:home1990:20181109155322j:plain

 

高配当で有名な「いちよし証券」は配当利回りが6%ほどありますが、こちらも株価本体の方は上がりにくい状況です。

 

理由としては、配当権利日翌日の値下がりがすごいんですよね。

 

配当が5%出たとしても株価本体が5%下がるというような状況です。

 

実際日産も2016年から配当利回りが4%になっており、そこから株価が上がりにくくなっています。

 

 

2つ目の理由として、今の自動車業界が成熟していて、今後どんどん儲かるようなイメージがつきにくいからです。

 

株価が上がる理由は「みんながこれから儲かる」と思うからです。

 

日産含め、自動車銘柄はすでに時価総額もかなり大きいので株価本体は上がりにくい傾向にあります。

 

さらに最近ではドル円も110円~113円で安定してきており、自動車関連の最大の買い材料である「円安」にも徐々に反応しなくなってきています。

 

 

 

スポンサーリンク

日産自動車の配当金の推移

f:id:home1990:20181109154736j:plain

参照:https://www.nissan-global.com/JP/IR/STOCK/DIVIDEND/

 

2010年から連続増配中。

 

これはさすが高配当銘柄といえますね。

 

 

配当利回りの推移

f:id:home1990:20181109160731j:plain

 

2014年:3.3%
2015年:2.69%
2016年:4.04%
2017年:4.41%
2018年:4.8%

 

今までは配当性向も30%程度ですから、そこまで無理に配当を出しているわけでもないです。

 

しかし2019年3月は配当性向が44%になっているので、今後も増配し続けるのは難しそうですね。

 

 

日産の配当はなぜ高いのか

 

日産の配当が高いことを疑問に思っている方もいると思います。

これはただの経営方針なので特に理由はないです。笑

 

キーエンスがなぜ分割しないのか?

 

といっているようなもので、経営者のポリシーです。

 

これからどんどん事業を拡大しようと考えている企業は配当がほぼ0に近いです。

安定期に入っている会社ほど配当が高い傾向にありますね。(NTTドコモ、JT など)

 

 

 

日産自動車の業績の推移

 

結局日産自動車の業績はどうなのかも見ていきましょう。

 

 

営業利益の推移

 

f:id:home1990:20181109161915j:plain

 

過去最高の2006年8,718億円を超えられていない。

 

2015年:5,895 億円
2016年:7,932 億円
2017年:7,422 億円
2018年:5,747 億円
2019年:5,400 億円(会社予想)

 

営業利益は企業の稼ぐ力を見る数字ですが、あまり良いとは言えませんね。

 

一株あたり利益の推移

f:id:home1990:20181109162352j:plain

 

一株あたり利益は今期過去最高。

 

2015年:109 円
2016年:125 円
2017年:165 円
2018年:191 円(過去最高)
2019年:127 円(会社予想)

 

高配当銘柄であれば必ずチェックしたいのが一株あたり利益(EPS)です。

 

2018年が過去最高と、これは素晴らしいですね。

 

ただ来期予想がガクッと下がっているので不安です。

 

一株あたり利益>配当額

 

となっているので、無理に配当を出しすぎているということも無いですね。

 

 

日産株まとめ 

f:id:home1990:20181109163353j:plain

 

業績に対して今後への期待感が持てないから高配当でも割安。

 

 

 

特に最近自動車関連のデータ改ざんなど、不正が多いので不信感から株価が上がりにくくなっている気がします。

 

日産に限らず自動車関連全体的にちょっと厳しいですね。

 

とはいえ収益も安定して企業規模もかなり巨大なのでとりあえず株を始めてみたい人は株価が「1,000」を割ったら購入してみるのも良いかと思います。

 

10万円から購入できるのも良いですね。

 

以上。