株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

NTTドコモ(9437) 株価分析。5G関連の高配当株

 

 

▼NTTドコモ(9437)株価まとめ

・高配当

・売上営業利益率高めで優秀

・配当性向50%と、還元率高め

・高配当好きならおすすめの銘柄

・日本トップクラスのキャッシュリッチ

 

 

【高配当株好きに朗報!】

高配当株を1株から買いたい人がみんな使っている「ネオモバ」が今熱い!

Twitterでも話題で、高配当のつみたてが人気です!

なんと月額220円で始められます。

 

 

 

 

 

 

NTTドコモ(9437)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

NTTドコモの株価

株価:2,919.5

PER:17.1倍

PBR:1.79倍

配当利回り:4.05%

 

2019/10/30のデータ 

 

NTTドコモの配当利回りは「4.05%」と、高配当株に分類されます。

 

(一般的には3%を超えれば高配当とされています。)

 

 

事業内容

f:id:home1990:20190110180823j:plain

参照:https://www.nttdocomo.co.jp/

 

携帯電話で国内最大手(シェア4割強)。

NTTグループ中核。

 

ドコモは、もともとNTT(9432)の事業の一部でしたが独立し、1998年に上場しました。

 

そして今や本家のNTTの時価総額を上回っています。笑

 

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190110181604j:plain

参照:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/finance/segment/

 

・通信事業 81.4%

・スマートライフ事業 9.41%

・その他の事業 9.18%

 

 

みなさんご存知の通り携帯電話からの収益がメインですね。

 

 

NTTドコモ配当金の推移

f:id:home1990:20190611095259p:plain

 

NTTドコモの配当は順調に増配中。

 

2016年:70 円
2017年:80 円
2018年:100 円
2019年:110 円
2020年:120 円(会社予想)

 

リーマンショックがあった2008年以降もしっかり増配しているのは素晴らしいですね。

 

NTTドコモの配当権利確定日は「3月末と9月末」です。

 

つまり手元に配当が入金されるのはそれから3ヶ月後の「6月末と12月末」です。

 

 

NTTドコモの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20191031101702p:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20191031101709p:plain

 

2018/10/31に通信料金値下げ発表で大幅下落。

 

 

10年チャートを見ると10月頃にドコモの株価が大幅下落しているのが分かります。

 

 

通信料金値下げ→利益低下→株価下落

 

という流れですが、「今思えば買い時だった」という結果で、人気銘柄であることを再確認できました。

 

NTTドコモは日本屈指の優良企業でもあるので、株価は底堅くある程度下がれば買いが入る状況です。 

 

スポンサーリンク

 

経常利益の推移

f:id:home1990:20190615160454p:plain

 

過去最高は2005年の「1兆2,882億円」

 

2015年:6,438億円

2016年:7,780億円

2017年:9,495億円

2018年:1兆 1,416億円

2019年:1兆 26億円

2020年:8,380億円(会社予想)



過去最高を超えそうな勢いでしたが通信料金値下げが減収減益に響いているようです。

 

 

▼決算説明資料(2019年4月26日)

f:id:home1990:20190615161442p:plain

参照:https://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ir/binary/pdf/library/presentation/190426/presentation_fy2018_4q.pdf

 

 

ですが配当の高還元はそのまま継続予定とのことです。 

 

 

財務状況

自己資本比率:73%

有利子負債自己資本比率:1.13%

ROE:12%

ROA:8.85%

EPS:187円

配当金:120円

 

財務状況はかなり健全。

 

 

自己資本比率は70%を超えれば優秀とされていますから、素晴らしいです。

 

ROEも高いことから、経営のうまさが分かります。

 

配当性向も約50%で株主還元に積極的。

 

 

▼ドコモはキャッシュリッチ企業ランキング8位(東洋経済)

f:id:home1990:20190110184502j:plain

参照:https://toyokeizai.net/articles/-/252651?page=2

 

キャッシュリッチ高配当は最高ですね。

 

 

まとめ

 

NTTドコモは高配当でキャッシュリッチで優良企業。

 

NTTドコモ、良い銘柄ですね。

 

買い推奨です。

 

ドコモ株は日本トップクラスの財務の良さなのでいつ株を買っても問題ないです。

 

ドコモは5G関連ど真ん中なので、また テーマ株が盛り上がる流れがくれば間違いなく資金流入はしてきます。

  

業績が悪化していますが、決算説明資料を見る限りは2020年に向けて5G絡みの様々な取り組みをしていくようなので期待できます。

 

 

以上。