株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑





キヤノン(7751) 株価分析。配当金をついに33年ぶりに減配!

 

 

▼キヤノン(7751)株価まとめ

・キヤノンの配当金は1988年以降減配無し

 →ついに33年ぶりに減配(2020/07/30 更新)

・業績は四半期で初となる赤字転落

 

 

 

 

キヤノン(7751)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

キヤノンの株価

株価:1,797.5

PER:45倍

PBR:0.76倍

配当金:未定

配当利回り:未定

 

2020/07/29のデータ 

 

キヤノンの配当金は30年以上減配したことないということで人気でしたが、ここ数年業績不振が続いていました。

 

何回もこのブログでも配当利回りが高すぎて危険と、取り上げてましたがついに減配しました。

 

▼キヤノン 配当金の状況

f:id:home1990:20200730105938p:plain

 

80円→40円に減配です。

今の所、2020年下期の配当は未定ですが、20円ぐらいが妥当ですね。

 

つまり年間で60円ぐらいじゃないでしょうか。

 

 

▼手元の現金は4074億円→5000億円に増えている

f:id:home1990:20200730110132p:plain

 

財務的にはそこまで悪化しているわけではなく、手元現金は確保している状態なので会社が倒産の可能性はほぼ0です。

 

 

キヤノンの事業内容

f:id:home1990:20190615000855p:plain

参照:https://canon.jp/

 

カメラ、事務機器の最大手。

ミラーレスカメラ注力。

半導体・液晶露光装置も展開。

 

 

キヤノンといえば高配当でおなじみですね。

 

NTTドコモ、武田薬品工業とならんで昔から高配当です。

 

また、名経営者と呼ばれる「御手洗冨士夫さん」が会長を努めていることでも知られています。

 

ちなみに「キャノン」ではなく「キヤノン」が正しいです。笑

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190615000803p:plain

参照:https://global.canon/ja/ir/individual/detail/02.html

 

オフィス:46%

イメージングシステム:26%

メディカルシステム:11%

産業機器他:20%

 

 

カメラのイメージが強いキヤノンですが、実際はオフィス事業が46%を占めています。

 

今回業績不振ともなったのがまさにこのオフィス事業です。

 

営業利益でみるとなんと約50%マイナスということでかなり打撃を受けてます。

 

 

キヤノン株価の推移

▼10年チャート

https://chart.yahoo.co.jp/?code=7751.T&tm=ay&type=c&log=off&size=m&over=&add=v&comp=

 

10年チャートでみても完全なる下落トレンド中です。

 

株価も20年ぶりに2,000円を割れている状態ですが、業績もめちゃくちゃ下がっているのでお買い得感はありません。

 

  

売上高の推移

f:id:home1990:20200730111229p:plain


売上もじわじわ下がってきてダメージを受けているのが分かりますね。

 

米中貿易摩擦の影響で、中国向けの販売も苦戦しているようです。

 

そこにさらにコロナの追い打ちで新興国向けもダメージを受けていると決算説明資料に書かれています。

 

ちなみに利益は2007年の4,883億円が過去最高となっています。

 

 

キヤノンの財務状況

f:id:home1990:20200730111605p:plain

出典:https://kabutan.jp/stock/finance?code=7751

 

自己資本比率56%あるので全然問題ないです。

 

ここはさすがですね。

 

 

キヤノンの収益性

f:id:home1990:20200730112110p:plain

 出典:https://kabutan.jp/stock/finance?code=7751

 

ROEとROAが低下してきているのはかなりマイナスポイントです。

 

さらに売上営業利益もどんどん低下しているので、モノは売れてもほぼ利益が出てない状況で非常にまずいです。

 

根本的に経営を変えるなりしないと今後は厳しそうですね。

 

 

キヤノン配当金の推移

f:id:home1990:20191205225858p:plain

 

キヤノンの配当性向は「106%」と超高水準。 

 

2013年:130 円

2014年:150 円

2015年:150 円

2016年:150 円

2017年:160 円

2018年:160 円

2019年:160 円

2020年:未定

 

どう考えても高すぎる配当性向でしたが、ついに減配しました。

 

配当性向は60%以下に抑えるべきですね。

 

高配当といえばJTも現在配当性向90%ぐらいなので、こちらも最悪減配するのかどうか注目ポイントです。

 

 

以上。