株の買い時を考えるブログ

株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察などなど

花王(4452) 株の買い時を考える【連続増配日本一】

 

 

今回は花王(4452)の株の買い時について考えていきたいと思います。

 

花王といえば連続増配記録日本No1ということでも有名です。

2018年でなんと驚愕の「29年」連続増配です。

 

長期投資をする上でこれは嬉しいですね。 

 

 

 

 

花王(4452)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

基本データ

株価:7,940

PER:25倍

PBR:4.8倍

配当利回り:1.5%

 

2018/11/21のデータ 

 

 

日本一を誇る連続増配企業ですが意外にもその配当利回りは1.5%ほどです。

 

 

花王の事業内容

f:id:home1990:20181120225349j:plain

参照:https://www.kao.com/jp/

 

・パーソナルケア用品首位

・化粧品大手

 

花王は説明不要かと思いますが、日用品を作っているメーカーですね。

・メリーズ(おむつ)

・アタック(洗剤)

・メリット(シャンプー)

 

などなど、有名なものが多いです。

 

 

事業別セグメント情報

f:id:home1990:20181120225855j:plain

参照:https://www.kao.com/jp/corporate/about/global/fields/

 

ビューティケアが39%ということで、4つの事業を手がけていますが化粧品が一番の稼ぎ頭。

→「ソフィーナ」「カネボウ」「キュレル」などのブランドを展開しています。

 

 

花王の株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20181120230329g:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20181120230859g:plain

 

株価は7,000~8,000のレンジ。

 

かなりきれいなチャートですね。

 

「2009年~2013年」のずっと横横だったチャートから一気に上抜けし、2年間上がり続けて「2015年~2017年」は「5,000~6,000」で推移。

 

そこから更に2年後となる現在「7,000~8,000円」で推移。

 

レンジの価格がどんどん上がっています。

 

ずっと横横でパワーが溜まった株価が一気に爆発するようなイメージですね。

 

 

スポンサーリンク

花王の経常利益の推移

f:id:home1990:20181122000703j:plain

 

売上、経常利益、最終利益、一株あたり利益、全て過去最高更新中。

 

 

2014年:1,387 億円
2015年:1,660 億円
2016年:1,834 億円
2017年:2,042 億円(過去最高)
2018年:2,150 億円(会社予想)

 

連続増配記録を伸ばし続ける花王ですが、業績も絶好調です。

来期も順調に利益が伸びる予定となっています。

 

 

花王の財務状況

自己資本比率:56%

有利子負債自己資本比率:14%

ROE:19%

EPS:298円

配当金:120円

 

 

配当余力はかなりある。

 

今の配当金を倍にしたとしても問題ないですね。笑

素晴らしいです。

 

ROEも19%と、かなり高く優秀です。(日本企業平均8%)

 

 

花王の配当金の推移

f:id:home1990:20181122002947j:plain

参照:https://www.kao.com/jp/corporate/investor-relations/management-information/shareholder-return/

 

 

配当性向は40%程度。

 

配当性向が60%を超えてくると増配はきついかなという感じですが、まだ余裕ですね。

 

 

花王株の買い時はいつか?

f:id:home1990:20181122002146j:plain

 

株価「7000円」が買い時。

 

化学セクターの平均PER22倍ぐらいまでは待ちたいところですね。

現在の予想EPSで計算するとその値が「7,000円」となります。

 

割高感は特に感じませんが、この1年間「7000~8000」のレンジであるということを考えると下値で買いたいです。

 

花王の化粧品が中国で売れている現在、米中の貿易摩擦がある以上は日本もどうなるかわからないのでレンジの上で買ってしまうと損です。

 

・好業績

・有利子負債少なめ

・自己資本率50%を超え

 

どれを見ても優秀です。

じっくり待って買いましょう。

 

 

以上。