株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

高配当投資なら日本株!楽に儲ける高配当投資法

 

 

高配当投資は日本株がおすすめという話と、初心者でもできる高配当投資法について書いていきます。

 

 

 

 

高配当投資のやり方

f:id:home1990:20190621220616p:plain

参照:https://www.okasan-am.jp/data/fund_pdf/monthly/m551264_20190607.pdf

 

まずこの表をご覧ください。

 

これは岡三アセットマネジメントが運営する「日本好配当リバランスオープン」 という投資信託に採用されている高配当株です。

 

 

この投資信託の特徴は以下です。

 

・日経500種平均株価の中から

・配当利回りランキング上位70銘柄を

・月1回数学的手法を用いて自動で組み替える

 

という、夢のようなラクラク高配当投資銘柄です。笑

 

この70銘柄の中から適当に銘柄を選ぶだけで一気に勝率が上がる、楽に儲ける最強の高配当投資法です。

 

 

「日経平均225」は組み換えが少なく、かといって「TOPIX」は2,000銘柄と多すぎる。

 

ということでちょうどいい「日経500種平均株価」が採用されています。

 

70銘柄は毎月更新されるので、公式サイトの月次レポートから一覧を確認できます。 

  

 

 

スポンサーリンク

 

 

自動で高配当銘柄を組み換え

 

「高配当銘柄」と言ってもとんでもない数があるので、それを人間の目で調べていくのは不可能に近いです。

 

財務状況が不安定な株や、配当利回りがあまりにも高すぎる銘柄など、買ってはいけない高配当株も存在しています。

 

そういったものを数学的手法を用いて自動で組み替えるという素晴らしい投資信託です。

 

先程の表は、実際に組み入れられている銘柄の一部です。

 

直接この投資信託を買うのもアリですが、購入の手数料が若干高いのでこれを参考に自分で株を買うのが良いかなと思います。

 

 

 

高配当投資法は勝率が高い

f:id:home1990:20190621222404p:plain

参照:https://www.okasan-am.jp/data/fund_pdf/monthly/m551264_20190607.pdf

 

こちらの表は「日本好配当リバランスオープン」の設定来である2005年からのチャートです。

 

「緑色の線」が分配金を再投資した、実際のパフォーマンスになります。

 

TOPIXを上回るようなパフォーマンスになっていますね。

 

高配当投資法は実際に有効な投資手法であるということがこのデータから分かると思います。

 

重要なのは、配当金は「再投資に回す」ということですね。

 

これをやらないと「複利」の効果が得られないのでパフォーマンスは下がってしまいます。

 

 

アメリカ版高配当投資法「ダウの犬」

 

ダウの犬という高配当投資手法をご存知でしょうか。

 

NYダウ30銘柄の中から、配当利回りTOP10を買うというただそれだけの投資手法です。笑

 

こちらもNYダウを上回るようなパフォーマンスとなっています。

 

 

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略

  • 作者: マイケル・B・オヒギンズ
  • 出版社/メーカー: パンローリン株式会社
  • メディア: Kindle版
 

 

 

高配当銘柄なら日本株がおすすめ

 

日本人なら日本株をおすすめします。

 

「ダウの犬」で高配当投資法は簡単に儲けれる投資法であるということは理解いただけたかと思います。

 

しかしながら、日本の証券会社からアメリカ株を買う場合手数料が高くついてしまうのでおすすめできません。

 

普通の人はアメリカ経済に馴染みもないでしょうから、「日本株版ダウの犬」が結局おすすめです。

 

正しい知識をもって楽しく投資をしましょう! 

 

 

以上。