株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

トリドール(丸亀製麺) 株価下落。優待改悪の可能性あり

 

 

トリドールホールディングス(3397)の株価が下落してお買い得になっていたので、業績などチェックしていきたいと思います。

 

トリドールと言えば丸亀製麺でおなじみです。

 

勘違いされている方が多いと思いますが「丸亀製麺」は単体の会社ではなく、親会社のトリドールHDの事業の中の一部です。

 

丸亀製麺の株価=トリドールホールディングスの株価

 

という認識でだいたい合ってます。笑

 

 

 

▼トリドール株価まとめ

・売上は好調だが利益は大幅減益

・理由は新規事業や人件費の高騰

・配当と優待を合わせた利回りは約3.5%

・財務状況が危険なので、今は買わない方が良い

・最悪、優待改悪の可能性もアリ

 

 

 

 

トリドール(3397)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トリドールの株価

株価:1,884

PER:30倍

PBR:2.3倍

配当利回り:0.6%

 

2019/05/21のデータ 

 

 

トリドールの事業内容

f:id:home1990:20181125184812j:plain

参照:http://www.toridoll.com/

 

トリドールホールディングスは「外食事業」をやっている会社です。

 

 

▼主な飲食店としては以下です

f:id:home1990:20181229142943j:plain

参照:http://www.toridoll.com/shop/

 

 

 

・丸亀製麺

・コナズ珈琲

・豚屋とん一

・Lanai Cafe

・炭火焼鳥 とりどーる

・天ぷら定食 まきの

 

などなど。

 

もともとは焼き鳥屋でしたが、気づいたらうどん屋(丸亀製麺)になっていました。笑

 

売上の約77%が丸亀製麺です。

 

 

トリドールの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190522000727p:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20190522000736p:plain

 

2018/01/10の年初来高値「4,290」以降トリドールの株価は下落中。

 

 

現在は高値から半分ほどの値段になってしまっています。

 

 

ではなぜこれほどトリドールの株価が下落するのか利益を見ていきます。

 

 

トリドールの経常利益の推移

f:id:home1990:20190522000958p:plain

 

2015年:36 億円

2016年:81 億円

2017年:84 億円(過去最高)

2018年:71 億円

2019年:13 億円

2020年:48 億円(会社予想)

 

 

売上は伸びる予想だが利益は減益。

 

2019/05/14に発表した決算で、大幅減益となっています。

 

もともと2019年の経常利益は42億円の予想でしたが、実績は13億円でした。

 

主力の丸亀製麺の収益が減少しています。

 

 

トリドールの株価が下落している理由

 

トリドールの株価が下落していますが、理由は単純に利益が下がっているからです。

一株あたりの利益も下がっているので当然株価も下落します。

 

あなたの持っているその株の価値が確実に下がりますよと宣告されたら、普通なら他の銘柄に乗り換えますよね。

 

なぜ利益が下がっているのか、決算説明資料を見ていきましょう。

 

 

▼トリドールの決算説明資料

f:id:home1990:20181125223252j:plain

参照:https://www.toridoll.com/ir/pdf/181116se.pdf

 

人件費の高騰に苦しんでいるようです。

 

最近の飲食系企業の決算説明資料を見るとどこも同じようなことを書いています。笑

 

 

▼トリドールの決算説明資料

f:id:home1990:20181125223925j:plain

参照:https://www.toridoll.com/ir/pdf/181116se.pdf

 

 

2019年が結構減益なんですが、理由としては以下です。

・丸亀製麺既存店前提の見直しでマイナス

・海外事業、国内新事業でマイナス

 

 

台風の影響などもあると書かれていたので2018年は飲食店には厳しい年となったようです。

 

 

トリドールの財務状況

自己資本比率:28%

有利子負債自己資本比率:174%

ROE:0.76%

EPS:6.2円

配当金:12.5円

流動比率:83.81%

 

財務状況は危険。

 

 

有利子負債自己資本比率「174%」は財務健全とはいえませんね。笑

 

自己資本も50%を下回ると危ないと言われていますが、28%しかありません。

 

特に注目したいのが短期的な支払能力を見る流動比率が100%を切っています。

 

これは単純に店の収益が減ると負債が返せなくなるということです。

 

だいたい会社が倒産するときは財務が危なくなる(借金を返せない)ときです。

 

要注意ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

トリドールの株主優待

f:id:home1990:20181125224546j:plain

参照:http://www.toridoll.com/ir/investor/benefit_program.php

 

100株で「年間4,000円分」の割引券。

 

配当の利回りは約2%です。

 

権利月は「3月末、9月末」です。

 

ただ、財務状況が全然良くないので優待改悪は全然あり得ます。

 

 

トリドール株まとめ

 

トリドールの株は今は買わない方が良い。

 

 

2019年の一株あたり利益:6.2円

2020年の一株あたり利益:60円(予想)

 

2020年は業績回復見込みのようですが、2019年に急に業績が落ち込んだことを考えるとなかなか手が出ませんね。。。

 

財務状況が危ないのはかなりの売り材料なので、他の銘柄を買ったほうが無難です。

 

 

 

以上。