株の買い時を考えるブログ

株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察などなど

武田薬品工業(4502)株価分析。危険な高配当株

 

 

今回は武田薬品工業(4502)の株価を分析していきます。

 

武田薬品工業といえば高配当で知られていますが、実はタコ足配当で危険な株としても知られています。

 

 

▼10秒で分かる武田薬品工業株まとめ

・M&A大好き

・業績はかなりムラがある

・意地でも配当金は減らさない方針

・M&Aをよくするので適正株価が分からない

 →長期保有でNISAはおすすめできない

 

 

 

 

武田薬品工業(4502)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

武田薬品工業の株価

株価:3,995

PER:16倍

PBR:1.4倍

配当利回り:4.5%

 

2019/1/7のデータ 

 

予想配当利回り4.5%と、高配当の目安「3%」を余裕で超えています。

 

 

武田薬品工業の事業内容

f:id:home1990:20190107225832j:plain

参照:https://www.takeda.com/ja-jp/

 

国内製薬首位。

がん、中枢神経、消化器領域がメイン。

M&Aや事業売却も積極的。

 

 

武田薬品工業といえばM&Aですね。

最近ではアイルランドの製薬大手企業「シャイアー」を約7兆円で買収しています。

 

手続きは2019/1/8に完了しました。

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190107231025j:plain

 

医療用医薬品:96%
ヘルスケア:4%


ほとんどが医療用医薬品です。

 

 

武田薬品工業の株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190107231237j:plain

 

▼1年チャート 

f:id:home1990:20190107231243j:plain

 

武田薬品工業の株価は2018年の1年間で40%下落。

 

 

PERも16倍で割安感は徐々に出てきましたね。

 

利益は増えていますが残念ながら株価は40万円を割り込み、下値を切り下げて推移しています。

 

 

スポンサーリンク

 

武田薬品工業の経常利益の推移

f:id:home1990:20190107232245j:plain

 

過去最高は2007年の5,850億円。


2015年:-1,454 億円(上場来初)

2016年:1,205 億円

2017年:1,433 億円

2018年:2,172 億円

2019年:2,452 億円(会社予想)

 

過去最高の経常利益と比べると現在半分もないのでもっとがんばってほしいですね。

ちなみに売上は2016年が過去最高です。

 

また、2015年には上場来初となる最終利益赤字決算です。

 

赤字の原因としては糖尿病治療薬「アクトス」を巡る訴訟問題の和解金を支払ったためです。

 

 

武田薬品工業の財務状況

自己資本比率:48%

有利子負債自己資本比率:49%

ROE:9.6%

EPS:239円

配当金:180円

 

M&Aが多いのでもっと有利子負債は多いのかと思っていましたがそうでもないですね。

ROEも10%近くあるので問題ないでしょう。

 

 

武田薬品工業は配当性向が高すぎて危険

 

他の企業ではなかなか見れませんが、配当性向が100%を超えています。笑 

 

 

▼武田薬品工業の配当金は2009年からずっと180円です

f:id:home1990:20190107233320j:plain

参照:https://www.takeda.com/jp/investors/stock-and-shares/

 

 

高配当株でかならずチェックしたい指数がEPS(=1株あたり利益)です。

 

2016年を例に見てみるとEPSが「147円」となっています。

 

ですが配当金は180円です。

 

1株の利益が147円しかないのに180円の配当を出す、これはかなり危険です。

 

普通はこのあたりを「減配」という形で調整する企業が多いですけどね、武田薬品工業のポリシーでしょうか。

 

意地でも減配しないつもりだと思います。

 

利益が下がると結局株価も下がるので、長い目で見ると配当出してる場合じゃないですけどね。笑

 

配当に回すお金があるなら利益を上げる方にお金を使ってくれと、自分が株主だったらそう思います。

 

2017年からはEPSが配当金を上回っています。

 

 

まとめ

f:id:home1990:20190115220717j:plain

 

武田薬品工業は配当性向が100%を超えやすい。

 

 

2015年に上場来初となる赤字になっています。

 

武田薬品工業はM&Aをよくやっているので今後もまたシャイアー級のM&Aをする可能性は高いです。

 

この買収の金額が妥当か、そもそもこの買収は失敗かどうか、などの判断が難しいので正直積極的には買いにくいですね。

 

激しく上下する可能性が非常に高いので高配当だからといってホールドするにはリスクが高すぎる株です。

 

現在割安水準にあるのも、「手を出しにくいからわざわざ買う必要もない」と考えれます。

 

とはいえ知名度は高いので、買うとしても悪材料が出て下がりきったところを買いたいですね。