株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

リクルート(6098)株価分析。ライバルはGoogle

 

 

今回はリクルートホールディングス(6098)の株価を分析していきたいと思います。

 

リクルートと言えばアメリカの求人サイト「Indeed」が絶好調で収益に大きく貢献していました。

 

しかしあの天下のGoogleが「Google For Jobs」を2019年1月23日に日本でもリリース開始したことでリクルートの株価が下落しています。

 

 

▼10秒で分かるリクルート株まとめ

・優良企業

・業績好調

・株価は若干割高

・今後Googleがライバルとなる可能性が高く様子見推奨

 

 

 

 

リクルート(6098)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

リクルートの株価

株価:2,743

PER:29倍

PBR:4.9倍

配当金:27円

配当利回り:0.98%

 

2019/01/24のデータ 

 

 

リクルートの株価は少々割高です。

 

 

リクルートの事業内容

f:id:home1990:20190124164946p:plain

参照:https://www.recruit.co.jp/

 

人材派遣国内No1。

 

生活情報分野の販促、人材メディア、人材派遣など。

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190124165726j:plain

参照:https://www.recruit.co.jp/company/group/

 

人材派遣:59%

メディア&ソリューション:31%

HRテクノロジ:10%

 

 

人材派遣が約60%です。

 

海外比率は46%と、約半分。

 

 

リクルートの株価の推移

▼5年チャート

f:id:home1990:20190124170053g:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20190124170113j:plain

 

2018年12月にGoogleが日本で求人関連事業に参入すると報道され、株価下落。

 

1年チャートを見ると2018年12月末からリクルートの株価が下落しているのが分かると思います。

 

このとき他の人材派遣会社も株価が下落しています。

 

(エン・ジャパンやディップなど。)

 

上場してから3年間上がり続けたので、十分すごいですよね。

 

Googleの人材派遣業界参入がなければ更に伸びていたかと思うと恐ろしいです。

 

 

リクルートの最終利益の推移

f:id:home1990:20190124171241j:plain

 

2019年は更に最高益更新予想。

 

 

2015年:697 億円

2016年:645 億円

2017年:1,366 億円

2018年:1,516 億円(過去最高)

2019年:1,530 億円(会社予想)

 

2016年から2017年に大幅に増益しているのは、インディードを中心に3セグメントすべて増益したからです。

 

この辺りは超売り手市場で、転職する人が増えたからでしょうね。

 

 

リクルートの財務状況

自己資本比率:53.09%

有利子負債自己資本比率:21.91%

ROE:19.3%

EPS:90.79円

流動比率:172.18%

 

 

財務状況は健全。

 

株主のお金を有効活用しているかどうかを表すROEが19%というのはかなり高いです。

 

日本企業の平均ROEが8%ですから、2倍以上あります。

 

ここはさすが一流企業ですね。

 

投資する上でこの指数はかなり重要なのでリクルートは投資しやすい会社と言えます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

まとめ

 

Googleの影響で今は積極的には買いにくい。

 

結構前にも僕のTwitterで「優良企業一覧」みたいなのをつぶやいた中に「リクルート」は入れていました。

 

ROEも高いし業績も2ケタ増益で順調に推移していたからです。

 

ここにきてGoogleが参入してきたことで今後の人材派遣業界がどうなるのか、全く予想できないので無理に今買う必要はないです。

 

しばらく時間が経てば答えがでるのでそれまでは手出し無用です。

 

株価も調整がほとんどなく急上昇しているので様子見ですね。

 

 

以上。