株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

ミクシィの株価はどこまで下落するのか?モンスト売上88%減

 

ミクシィ(mixi:2121)の株価を分析していきたいと思います。

 

 

▼ミクシィ株価まとめ

・業績は右肩下がり

・モンストの売上88%減

・株価「1,000円」ぐらいまで下落すると予想

・新サービスが提供されないかぎりミクシィの株価は下落を続ける

 

 

 

 

ミクシィ(2121)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ミクシィの株価

株価:2,297

PER:6.56倍

PBR:0.97倍

配当金:110円

配当利回り:4.79%

 

2019/05/22のデータ 

 

 

ミクシィは何気に高配当。

 

利回りが約4.8%もあります。笑

 

マザーズでこんな高配当はめったにないですね。

 

 

ミクシィの事業内容

f:id:home1990:20190522212226p:plain

参照:https://mixi.co.jp/

 

ミクシィはもともと出会い系サイトを運営する会社でした。

 

2013年のスマホアプリ「モンスターストライク」の大ヒットにより、いつの間にかゲーム会社に。笑

 

当時、スマホアプリランキング不動の1位「パズドラ」を崩したのがこのモンストです。

 

それまで「スマホアプリは一人でやるもの」というイメージがあった中で、「みんなでプレイ可能」なモンストの登場は衝撃を与えました。

 

「第2のガンホー」などといわれて、あっという間にミクシィの株価は急騰しました。

 

 

 

▼ミクシィの歴史

f:id:home1990:20190522213053p:plain

参照:https://ssl4.eir-parts.net/doc/2121/ir_material_for_fiscal_ym1/64166/00.pdf

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190522213304p:plain

参照:https://ssl4.eir-parts.net/doc/2121/ir_material_for_fiscal_ym1/64166/00.pdf

 

エンターテイメント事業:96%

ライフスタイル事業: 4%

 

ミクシィはモンストの売上がほとんどですね。

 

 

ミクシィの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190522214341p:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20190522214350p:plain


この1年間ミクシィの株価は下落。

 

 

10年チャートを見ると、本当に「これぞマザーズの株!」という感じがしますね。笑

 

当時は勢いがすごかったですし、他のゲーム株も牽引するぐらいとてつもない影響力を持っていました。

 

ただ現在は見る影もなく、ひたすらミクシィの株価は下落しています。

 

 

ミクシィの経常利益の推移

f:id:home1990:20190522214857p:plain

 

モンストの利益が280億円減少する見込み。

 

 

2016年:950 億円(過去最高)
2017年:890 億円
2018年:723 億円
2019年:410 億円
2020年:50 億円(会社予想)

 

現在のミクシィは、全盛期の利益の約20分の1になってしまっています。。

 

これではミクシィの株価も下落します。

 

50億円の予想はかなり慎重とのことなので、実際「200億」ぐらいで着地すると仮定します。

 

利益が半分なので、株価も半分の「1,000円」ぐらいまで下落すると予想します。

 

 

 

▼2020年の予想

f:id:home1990:20190522213729p:plain

参照:https://ssl4.eir-parts.net/doc/2121/ir_material_for_fiscal_ym1/64166/00.pdf

 

 

個人的に、何が一番きついかってスマホアプリ業界全体が売上減少している点ですね。

 

「ガンホー、コロプラ、DeNA、KLab」などなど、ほとんどの企業が減益です。

 

スマホアプリそのものにみんな飽きてきている証拠です。

 

次の新たなプラットフォームが生まれない限りはミクシィの株価は下落し続けると考えています。

 

 

ミクシィの財務状況

自己資本比率:92.9%

有利子負債:0円

ROE:15.2%

EPS:350.26円

流動比率:1291.97%

 

財務状況は健全。

 

 

無借金企業です。

 

これは素晴らしいですね。

 

急に倒産ということは考えにくいです。

 

 

まとめ

 

新しいサービスが生まれない限りミクシィの株価は下落し続ける。

 

 

ミクシィの株価上昇の鍵をにぎるのは「ゲーム」ではありません。

 

他のスマホアプリ企業の決算を見ても明らかですが、そもそも「ヒットするゲーム」というのはもう厳しいです。

 

ミクシィの決算報告書を見ると「今年はモンスト再起」というのに力を入れ、資金も投入するようですが、なんか違うんじゃないかなと感じてしまいます。

 

2013年に株価が上昇したときの背景を考えると、当時そこまでスマホアプリは流行っていませんでした。

 

あの頃はたまたまゲームというプラットフォームが目新しくてトレンドになったにすぎません。

 

現在は「インスタグラム」、「TikTok」、「Youtube」、「Netflix」などなど、スマホでの楽しみ方が多様化しています。

 

今からまたがっつりゲームするのか?と考えたときに正直ユーザー側も飽きてるんですよね。

 

ミクシィが次なる「サービス」を提供できないかぎり株価上昇は厳しいでしょう。

 

ミクシィの決算から、スマホアプリ業界が下火になっているんだなと数字で実際に感じました。

 

 

以上。