株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

セコム(9735)株価分析。株価は6年間上昇中!

 

 

今回はセコム(9735)の株価を分析していきたいと思います。

 

 

 

 

▼10秒で分かるセコム株まとめ

・財務状況健全

・2019年は減益予想

・株価「8,500円」なら買い時

・業績は右肩上がりではないが株価は右肩上がり

 →理由はカジノ関連で期待値が高いから

 

 

セコム(9735)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

セコムの株価

株価:9,600

PER:25倍

PBR:2倍

配当金:165円

配当利回り:1.7%

 

2019/03/26のデータ 

 

 

 

セコムの事業内容

f:id:home1990:20190325225424p:plain

参照:https://www.secom.co.jp/

 

警備業首位。

センサー付きシステム警備(機械警備)が中心。

 

セコムといえば誰もが知る大手警備会社ですね。

カジノ関連ということで度々名前が上がっています。

 

オリンピックや大阪万博などなど、イベントがあるたびに株価上昇に期待できる銘柄です。

 

 

 

事業セグメント

 

・セキュリティ事業:56%

・防災事業:14%

・メディカル事業:7%

・保険事業:4%

・地理情報:5%

・BPO,ICT:7%

・不動産他:6%

 

 

セキュリティ事業は56%で、他にもいろんな事業を手がけています。

 

 

 

セコムの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190325230250p:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20190325230304p:plain

 

セコムの株価は6年間上昇中。

 

オリンピックが決定した2013年からずっと上昇しています。

 

10,000円超えが見えてきました。

 

PERも24倍と、そこまで割高感もありません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

セコムの経常利益の推移

f:id:home1990:20190325234204p:plain

 

2015年:1,366 億円

2016年:1,348 億円

2017年:1,470 億円(過去最高)

2018年:1,443 億円

2019年:1,325 億円(会社予想)

 

 

2019年は減益予想です。

 

第3四半期の時点で進捗率81%なので、2017年の過去最高を更新するのは難しそうですね。

 

 

 

セコムの財務状況

自己資本比率:55.54%

有利子負債自己資本比率:6.34%

ROE:9.4%

EPS:398.58円

流動比率:221.54%

 

 

財務状況に問題なし。

 

有利子負債がかなり少ないです。

 

流動比率も220%と、短期の支払能力にも全く問題ありません。

 

 

 

セコムの株主優待

f:id:home1990:20190326214427p:plain

参照:https://www.secom.co.jp/corporate/ir/pdf/yutai2018.pdf

 

以下のいずれかのサービスを受けられます。

 

・換気扇とキッチンの専門清掃:10,000円割引
・防災用品セット:10,000円割引
・ネットバンキングの不正送金防止サービス:1年間無料

 

株価本体が100万円近くするというだけあって優待も1万円と、かなり高価な割引が受けられます。

 

セコムを優待狙いで買う人は少ないと思うので、おまけ程度です。

 

割引とはいえ、もとの金額が高いので完全に無料になるとかじゃないとなかなか気軽には使えないですね。笑
 

 

 

まとめ

 

セコムの株価8,500円以下なら買い時。

 

 

株価はかなり上昇して絶好調ですが、こんな高値で買うのも怖いので、下がるまで待ちたいところですね。

 

2017年の1株あたり利益(EPS)よりも2019年の予想のほうが下回っています。

 

そうなると2017年の株価が参考になり、だいたい「8,500円」ぐらいなのでそのあたりまでくれば買い時です。

 

 

セコムは業界1位ですから、それだけでALSOK(2331)など、他の警備銘柄にくらべて買う理由になります。

 

本格的にカジノが日本に設営されるとなれば間違いなく株価は爆上げするでしょうね。

 

セコムの業績が右肩上がりではないのに株価が右肩上がりなのは、こうした未来への期待があるからです。 

 

将来に期待を持てるのは優良銘柄である証拠です。

 

以上。