株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑





株初心者におすすめ 5銘柄【2020年】

【重要】

これから株を始める方へ 

 

最近の株価暴落で、株の注目度が高まっています。

 

このブログもアクセスが急増しており、新規口座開設も普段の3倍に増加しています。

 

ということで、世間が今はチャンスだと思っているわけですが、これから株をやろうとしている方に絶対に知ってほしいのが

 

一気に資金を突っ込まない

 

ということです。

 

これはどんな本にも書かれていますし、株の世界では常識です。

 

あなたが株に使えるお金の「10%」ぐらいを目安にちょこちょこ買っていくのが一番ベストな手法です。 

 

この暴落時の戦略として、僕はネオモバイル証券で優良株を買うという手法を推奨しています。

 

本来、株は100株からしか買えないので、僕が推奨している銘柄は普通に買おうと思うと100万円以上必要です。

 

ただ、ネオモバなら1株から買えるという強みがあるのでこの機会に作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

▼実際に僕も保有している優良企業も是非ご参考に!

 

 

 

以下、暴落してなかったときの今まで通りの記事です。笑

 

株初心者におすすめの銘柄を「5銘柄」紹介します。

 

「株初心者だけど、とりあえずどれ買えばいいの?」そんな人の参考になればと思います。

 

 

 

【株初心者に朗報!】

月額220円と少額から始められる証券会社が登場。

1株から買えるので株初心者がみんな使っている「ネオモバ」が今熱い!

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ) 評判とメリット・デメリット

 

 

 

 

 

 

株初心者におすすめの銘柄

f:id:home1990:20200317223453p:plain

 

選定条件としては以下です。

 

  • 株価30万以下
  • 業績が良い
  • 何か強みがある

 

株というのは細かく言うと「PER、PBR、ROE、ROA、EPS」などなど様々な専門用語が出てきます。

 

今回は株初心者さん向けということで、あえてそういう細かい説明はせずに解説しています。

 

裏ではちゃんとこのあたりの指標も見た上で問題ないと言える銘柄に厳選していますのでご安心ください。笑

 

 

伊藤忠商事(8001)

 

選定理由:商社No1のROEとROAの高さ

 

 

商社株は優良企業が多いのですが、その中でも伊藤忠商事は屈指の実力です。

 

ROEとROAは自己資本や総資産からどれだけ利益を生み出しているかが分かる指標で、会社としての経営のうまさをあらわします。

 

もともと商社といえば財閥系の三菱などが強かったのですが、最近は伊藤忠商事の方が業績好調です。

 

その理由は伊藤忠の強みが非資源であるということです。

 

他の商社は資源に頼っている、つまり原油などの価格によって大きく業績が左右されるので、なかなか安定して収益を上げるのが難しいんですよね。

 

その証拠に2016年は原油価格が大幅に下落した影響で「三井物産」と「三菱商事」が創業以来の赤字となっています。

 

しかし伊藤忠は非資源であったため、影響は少なかったです。

 

そういったリスクが少ないという点と、ROEやROAなど経営のうまさを表す指標が商社No1ということで、非常におすすめです。

 

また、高配当であることからみんなに人気の株でもあります。

 

 

 

ビックカメラ(3048)

 

 選定理由:優待が素晴らしい

 

 

電気屋株なら間違いない、イチオシ銘柄がこのビックカメラです。

 

以前にもビックカメラが株初心者におすすめの銘柄ということで記事を書いたことがあります。

 

2020年に売上は過去最高を更新する予想です。

 

他の電気屋がイマイチな中、ここ数年過去最高を更新中です。

 

オリンピック銘柄でもありますし、株初心者はとりあえずビックカメラ買っとけばいいというレベルにおすすめです。

 

その理由は「12万~13万円」と比較的低価格で買えるという点と好業績はもちろんですが、なんといっても株主優待です。

 

 

【株主優待】 

100株保有で、保有の長さに応じて優待の金額がグレードアップ

  • 1年目:年間3,000円分
  • 2年目:年間4,000円分
  • 3年目:年間5,000円分

 

株主優待が良い銘柄は個人投資家の人気が高いので、株価が暴落したときに「買い」が入りやすく安定感があります。

 

つまり、大損する可能性が低く、ある程度の株価は保証されています。

 

 

日経平均レバレッジ上場投信(1570)

 

選定理由:最強のリスク分散

 

 

この銘柄は「ETF」なので厳密には「株」ではないですが。笑

 

これを買えば、日経平均の225銘柄全部に投資していることになります。

 

株初心者の方はそこまで資金をかけれないと思うので、1社のみに投資することが多いと思います。

 

1社のみに投資している場合、その企業の悪材料一つで一気に株価が下落する可能性があります。

 

しかし、この銘柄は日経平均株価の指数を買うということになり、1社だけを買う場合の「材料に左右される」というリスクが減ります。

 

さらにこれがなぜ初心者におすすめなのかというと「1株」から買えるんです!

 

資金が少なくても下がったときにちょこちょこ買っていけるのでこれは素晴らしいですね。

 

日経平均株価を買う、つまり225社に自動で分散投資していることになるのですが、この指数を買うという投資法が最強だという理論の本もたくさんあります。

  

 

NTTドコモ(9437)

 

 選定理由:財務最強安定高配当

 

 

NTTドコモといえば、昔から有名な高配当銘柄です。

 

自己資本比率の高さ、借金の少なさ、利益率の高さ、株主還元の高さが評価できます。

 

稼いでいるのに全然株主還元しない企業はたくさんあります。笑 

 

5G関連ということもあり何かと話題はつきないのも良いですね。

 

ビジネスモデルとしても最近トレンドになりつつある最強の「ストックビジネス(定額制)」ですから急激に業績が悪くなるリスクが無いです。

 

日本の通信インフラといえばほとんどNTT、KDDIが保有しているので他のベンチャーの参戦も厳しいです。

 

会社の貯金にあたる利益剰余金は「4兆円」もあるので、今後利益が0円だったとしても数年は問題ありません。笑

 

 

オリックス(8591)

 

 選定理由:カタログギフト優待が良い!50年以上連続黒字

 

 

さすがにこれを紹介しないわけにはいかない。

 

そう言えるレベルの超鉄板おすすめ銘柄がオリックスです。

 

業績も50年以上黒字と、素晴らしいです。

 

大企業の三菱商事や三井物産も赤字転落したりしていますからね。

 

2020年の予想は出していませんが2019年の業績は過去最高です。

 

安定した金融のビジネスを軸に、他にもエネルギー系など多角化しているため非常に業績が安定しており、利益率も14%あるのが良いですね。

 

 

【株主優待】 

100株保有以上でもらえるカタログギフト

さらに3年以上連続保有すればカタログギフトの内容がグレードアップ!

 

 

株初心者におすすめできない銘柄

 

逆に株初心者におすすめできない危険な株も紹介します。

 

キヤノン(7751)

配当性向は「100%」を超えており、今後の増配は厳しい状況です。

業績も右肩下がり。

最大の買い材料である「配当金」が減配の可能性もあるので、高配当だからという理由で買うのはかなり危険です。

 

 

ジャスダックやマザーズの銘柄

デイトレードに憧れるのはすごく分かりますが、初心者が値動きの激しいこのあたりの銘柄をさわると99%損失が出て終わります。笑

ビギナーズラックは実在するので最初のうちは利益が出るかもしれませんが、回数をこなしていくと「負け」に収束していくことがほとんどです。

まずは「業績が予想しやすい=株価も予想しやすい」東証一部上場企業の銘柄をおすすめします。 

 

 

株初心者におすすめの証券会社

 

株初心者には「SBIネオモバイル証券」がおすすめです。

 

・1株から買える

・スマホでお手軽簡単

・Tポイントで投資ができる

 

ネオモバで初めて株取引をする人が50%以上と、最近話題の証券会社です。

 

10万口座突破し、高配当株をコツコツ積み立てたい人がみんな使ってます!

 

 

 

以上。