株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑





JXTG(5020)株価分析。配当利回り5%超えるが余力あり!

 

 

▼JXTG(5020)株価まとめ

・株価400円なら買い時

・業績は下方修正の可能性あり

・赤字でも配当はしっかり出していた

・配当利回りは5%を超えるが、増配余力はまだまだある

  

 

 

 

JXTGホールディングス(5020)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

JXTGの株価

株価:423.1

PER:4.44倍

PBR:0.52倍

配当金:22円

配当利回り:5.2%

 

2019/08/15のデータ 

 

 

JXTGの配当は5%を超える高利回りです。

 

 

事業内容

f:id:home1990:20190815222627p:plain

参照:https://www.hd.jxtg-group.co.jp/

 

2017年4月に東燃ゼネラルと経営統合。国内シェア5割の石油元売り首位。銅など非鉄事業兼営。

 

JXTGホールディングスといえば、有名な高配当の石油銘柄です。

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190815222857p:plain

 

エネルギー:85%
石油・天然ガス:1%
金属:9%
その他:5%

 

 

▼事業は3本柱

f:id:home1990:20190815223152p:plain

参照:https://www.hd.jxtg-group.co.jp/business/

 

 

▼ガソリンの販売シェア国内No1

f:id:home1990:20190815223402p:plain

 参照:https://www.hd.jxtg-group.co.jp/business/energy/

 

JXTGホールディングスはエネルギーに強みをもち、原油処理能力国内No1など、様々な優位性を持っています。

 

 

JXTGの株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190815223620p:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20190815223627p:plain

 

JXTGの株価が400円割れたら買い時。

 

10年チャートの400円での反発がすごいですね。笑

 

こんなに分かりやすいチャートなかなかありません。

 

テクニカル的には「400円」が節目ですが、業績的にはどうなのか見ていきましょう。

 

 

経常利益の推移

 

f:id:home1990:20190815223915p:plain

 

業績はほぼ横ばいだが、下方修正の可能性あり。

 

2016年:-86 億円
2017年:2491 億円
2018年:4674 億円
2019年:5086 億円
2020年:5150 億円(会社予想)

 

 

2019年08月07日に1Qの決算を出しています。

 

連結税引き前利益は前年同期比80.4%減の425億円と大幅減益となっています。

 

80%減益ってなかなか半端じゃないですね。笑

 

ということで、どこかのタイミングで通期業績下方修正されてもおかしくはないです。

 

進捗率から考えると、2017年の利益まで下を見たとしてやはり株価400円ぐらいが買い時ですね。

 

 

JXTGの株価は原油価格(=原油在庫)とも連動するので業績が良ければいいってものでもなく、複雑に絡み合っているので予測がなかなか難しいですね。

 

 

最近では原油価格がまた下がってきているので、それを懸念してJXTGの株価も下がっています。

 

ちなみにJXTGの売上は「11兆円」で、日本企業の中で第6位の売上規模です。

 

 

財務状況

自己資本比率:32.06%

有利子負債自己資本比率:81.61%

ROE:12.3%

ROA:3.81%

EPS:95.36円

流動比率:122.34%

 

財務状況は問題なし。

 

ROEは十分です。

 

ROAが4%になれば良いかなという感じですね。

 

 

まとめ

 

JXTGは株価400円がテクニカル的にもファンダメンタルズ的にも買い時。

 

 

チャートがここまで分かりやすい銘柄も少ないです。笑

 

JXTGの株価は原油価格に左右されるので難しい部分はありますが、国内シェアの優位性や企業規模を考えると安定の銘柄かなと思います。

 

2016年に赤字になったときもしっかり配当は出ています。

 

さらに配当性向も22%と、まだまだ余力があるところも良いですね。

 

 

以上。