株の買い時を考えるブログ

株歴7年目。株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察など。寝ている時意外は株のことを考えています。笑

信越化学工業(4063) 株価分析。財務、業績好調!

 

今回は信越化学工業(4063)の株価について分析していきます。

 

日本企業の中でもトップクラスに優秀な企業でおなじみです。

 

 

 

 

信越化学工業(4063)株価情報

それではいろいろ指数などチェックしていきましょう。

 

株価データ

株価:8,290

PER:12倍

PBR:1.4倍

配当利回り:2.4%

 

2019/1/4のデータ 

 

 

信越化学工業の事業内容

f:id:home1990:20190106211437j:plain

参照:https://www.shinetsu.co.jp/

 

塩化ビニル樹脂、半導体シリコンウエハで世界首位。

 

信越化学工業ってどんな会社?というのを一言でいうとシリコンウエハーシェア世界No1企業です。

 

シリコンウエハは半導体の製造に必要な材料のことです。

 

つまり、これからどんどんロボットなどで自動化が進む世界のトレンドにフィットした企業だと言えます。

 

 

事業セグメント

f:id:home1990:20190106212218j:plain

参照:https://www.shinetsu.co.jp/jp/ir/individual/performance.html

 

塩ビ・化成品事業:35%

半導体シリコン事業:22%

シリコーン事業:14%

その他

 

いろいろと幅広く事業をしています。

会社名にも化学とつくことからわかりますが化学系がほとんどですね。

 

 

信越化学工業の株価の推移

▼10年チャート

f:id:home1990:20190106213323j:plain

 

▼1年チャート

f:id:home1990:20190106214213j:plain

 

信越化学工業の株価は1年間で30%下落。

 

 

信越化学工業はハイテク関連になるのでどうしても株価の波が激しくなりますね。

 

企業業績はかなり良いですが、じわじわ右肩上がりかというとまた別問題です。

 

 

スポンサーリンク

 

信越化学工業の経常利益の推移

f:id:home1990:20190106214942j:plain

参照:https://www.shinetsu.co.jp/jp/ir/individual/performance.html

 

2014年:1,806 億円

2015年:1,980 億円

2016年:2,200 億円

2017年:2,421 億円

2018年:3,403 億円(過去最高)

2019年:4,000 億円(会社予想)

 

業績は絶好調。

 

 

企業業績がピークアウトしてくるといわれている2019年の予想も過去最高を更新する予想です。

 

2ケタ増益を続けています。

素晴らしすぎます。

 

 

信越化学工業の財務状況

自己資本比率:80%

有利子負債自己資本比率:0.6%

ROE:11%

EPS:624円

配当金:200円

 

信越化学工業が超超優良企業と言われる理由はこの最強の財務。

 

 

信越化学工業は業績が良いこともそうなんですが、財務状況が抜群に良いんですよね。

 

70%を超えれば超優良と言われる自己資本比率が80%もあります。

 

ROEも日本企業平均「8%」のところ、「11%」あります。

 

 

▼金持ち企業ランキング2位の信越化学

f:id:home1990:20190106221825j:plain

参照:https://toyokeizai.net/articles/-/252651?page=2

 

キャッシュリッチで有名な任天堂やキーエンスをおさえて2位です。

 

 

まとめ

f:id:home1990:20190106222839j:plain

 

信越化学工業は業績も財務も超優秀だった。

 

同業種で業界2位のSUMCO(3436)も2019年は過去最高益になる予想です。

 

今後も業績の好調が続くかどうかは分からない時代だからこそキャッシュを持っているという安心感は投資しやすさに繋がります。

 

信越化学工業の株価本体が少々お高いので70万円ぐらいになったら買いたいですね。

 

 

以上。