株の買い時を考えるブログ

株式投資ブログ。個別銘柄分析、株の買い時考察などなど

ファンコミュニケーションズ(2461)業績分析【A8.net】

 

 

今回はアフィリエイトサイト「A8.net」やクリック型広告サービス「nend」でおなじみの「ファンコミニケーションズ(2461)」の業績を分析してみました。

 

それではさっそくいってみましょう。

 

 

株式会社ファンコミニケーションズとは?

f:id:home1990:20180929233258j:plain

参照:https://www.fancs.com/

 

ファンコミニケーションズはアフィリエイト(成果報酬型)広告をメインに収益を得ている会社です。

 

ファンコミはASP業界No1です。

 

ASP(アフィリエイト)といえば、

  • A8.net
  • afb
  • バリューコマース
  • もしもアフィリエイト

 

このあたりが有名ですが、ファンコミは「A8.net」を運営しています。

 

業界1位でまずみんながとりあえず登録する超代表的なサイトですね。

 

▼こちらから登録できます

 

 

僕自身ASPはほぼやっていませんが、実際アフィリエイト業界って頭打ちなのか、まだまだ伸びるのかよくわからなかったので「企業業績から世の中を見てみよう!」と思ったのがこの記事を書くきっかけです。

 

ファンコミニケーションズの売上高の推移

 

さて、そんなアフィリエイト業界No1の「A8.net」を運営するファンコミニケーションズの売上高の推移を見ていきましょう。

 

f:id:home1990:20180929232708p:plain

 

2011年: 105億円
2012年: 144億円
2013年: 227億円
2014年: 319億円
2015年: 357億円
2016年: 375億円
2017年: 391億円(過去最高)
2018年: 382億円(会社予想)

 

2011年から右肩上がりで2017年は過去最高売上高と、結構好調なようです。 

ただ今年は少しだけ売上が下がる見込みです。

とはいえ会社予想はだいたい弱気に出すものなので実際はなんとも言えませんが。

 

A8.netの売上高の推移

f:id:home1990:20180929234027p:plain

参照:https://www.fancs.com/pr/2018/02/13/3908

 

「A8.net」はファンコミニケーションズの1番の収益源となる事業です。

順調な右肩上がりでしたが2017年は少々苦戦しているのが分かります。

 

 

nendの売上高の推移

f:id:home1990:20180929234017p:plain

参照:https://www.fancs.com/pr/2018/02/13/3908

 

「nend」はファンコミニケーションズの2番目の収益源となる事業です。

A8.netは商品が売れたり契約されて初めて収益が発生します。

 

  • それだとハードルが高い・・・
  • 思うように売上が伸びない
  • もっと手軽に稼ぎたい

 

▼そういう人のために登場したのがこの「nend」です。(公式サイト)

 

こちらはクリックされるだけで収益が発生する仕組みになっています。

クリックだけで報酬といえば「グーグルアドセンス」と同じですね。 

 

話を戻しますと、nendの収益が伸び悩んでいる理由として「市場環境の変化についていけないことと、iOS11のセキュリティの仕様が変わったために的確なマーケティングができなくなってしまった」と会社の説明があります。

 

主にスマートフォンで表示される広告なので、ある程度成熟しているPC広告と違ってかなり変化が激しく大変そうですね。

 

ともかくnendに関しては今は対応策の予算が取れず苦戦しているようですが、基盤が安定してきたら巻き返しをはかれるのではないでしょうか。

 

気になる方は今のうちに登録しておいたほうがいいかもしれませんね。笑

 

まとめ

f:id:home1990:20180930001133j:plain

 

先程紹介した他のアフィリエイトサービス「afb」や「バリューコマース」も上場しているので売上高の推移を見てみましたが今年過去最高益でした。

 

一部では「アフィリエイトはもう終わった」などと言われていましたが、実際数字でみるとまだまだ盛り上がりを見せるアフィリエイト業界。

 

どこまで伸びるのか楽しみですね!

 

以上。